粉塵計のガイドラインが変わりました。

2021/09/08 ブログ

 トンネル計測機器のレンタル及び販売を行って

おりますビジョンアイです。

 今年より、トンネル坑内にて長年使用して頂いておりました粉塵計についてガイドラインの変更により使用出来ないようになります。現場の発注時期によって異なりますが、新しい現場については機種の選定にご注意下さい。

 以下 厚生労働省ガイドラインに関する資料を一部抜粋致します。

 1 粉じん濃度の測定方法
① 粉じん測定の測定方法は、次のいずれかとする。(告示事項)
 質量濃度測定方法(ろ過捕集した試料の重さを量り、空気流量で除して濃度を算定する方法)
 相対濃度指示方法(相対濃度計(デジタル粉じん計)で測定したカウント数(単位時間あたりの粒子
の数)に、質量濃度変換係数(K値)を乗じて濃度を算定する方法)
② 質量濃度変換係数(K値)の設定方法
 質量濃度測定法と相対濃度指示方法の併行測定により
算定(告示事項)
 標準K値(労働基準局⾧の定めるもの)を使用(告示事項)
 デジタル粉じん計の型式別の標準K値を設定(ガイドライン事項)
LD-5R及びLD-6N2  0.002 mg/m3/cpm

施行期日等
公布日:令和2年6月上旬
施行日:令和3年4月1日

LD-5Rのレンタルもご用意致しております。